大滝詠一&松田聖子による“幻の楽曲”「いちご畑でFUN×4」CD初収録 | RBB TODAY

大滝詠一&松田聖子による“幻の楽曲”「いちご畑でFUN×4」CD初収録

エンタメ 音楽
松田聖子
松田聖子 全 2 枚
拡大写真
 松田聖子デビュー40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』(現在発売中)に、大滝詠一が完成させた「いちご畑でFUN×4」という楽曲が収録されている。


 「いちご畑でFUN×4」は大滝の楽曲「FUN×4」がベースで「FUN×4」は2021年に発売40周年を迎えるアルバム『A LONG VACATION』に収録されている。『A LONG VACATION』がリリースされたのは1981年3月21日、その約半年後の同年10月21日に松田聖子のアルバム『風立ちぬ』が発表された。アルバム『風立ちぬ』は大滝のプロデュース作品だったが、結果的に挫折し、最終的には片面5曲のプロデュースということになった。

 その中でも象徴的な楽曲が「いちご畑でつかまえて」。「いちご畑でつかまえて」と「FUN×4」は同じテンポ、同じミュージシャンで録音された姉妹的作品で、2曲を編集して構成された「いちご畑でFUN×4」は、大滝が自身のラジオ番組用に編集して1981年暮れに放送された。大滝自身は遊びのつもりで繋いだそうだが、たった1回のオンエアだったため、ファンからは幻の作品として語り継がれている。

 「いちご畑でFUN×4」も収録の松田聖子デビュー40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』は、現在発売中。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース