NMB48、10周年ライブに山本彩ら卒業生18人が集結!「半端なく緊張しました」 | RBB TODAY

NMB48、10周年ライブに山本彩ら卒業生18人が集結!「半端なく緊張しました」

エンタメ 音楽
NMB48
NMB48 全 11 枚
拡大写真
【PICK UP】※これが、できるYouTuber・クリエイターのデスク環境だ※絶対欲しい!IKEAで見つけた昇降デスク!※今週のエンジニア女子

 NMB48の10周年を祝う「NMB48 10th Anniversary LIVE ~心をひとつに、One for all,All for one~」が23日、大阪城ホールでおこなわれ、訪れた約5,000人のファンの祝福を浴びた。


 同公演には、52人のメンバーに加えて、山田菜々、山本彩、渡辺美優紀ら1期生をはじめ、太田夢莉、市川美織など卒業生18人がゲストで登場。オープニングを飾ったのは、2011年1月1日に産声を上げたNMB48劇場公演の同タイトル曲「誰かのために」。続けて「夢は逃げない」、「理不尽ボール」などを披露し、会場を縦横無尽に駆け抜けた。

 その後も、ユニット曲や、2013年に初出場を果たした『第64回NHK紅白歌合戦』で披露した「カモネギックス」、「青い月が見てるから」を歌唱。当時の衣装でパフォーマンスしたり、卒業生が登場するシーンもあった。MCで感想を尋ねられた山本彩は「半端なく緊張しました。久しぶりだし、こうやってみんなと歌うのは2年ぶりで、しかも大阪城ホールという大きいところだから震えていました」と心境をコメント。本編最後は23枚目のシングル「だってだってだって」で締めた。

 そして、アンコールの1曲目は、11月18日リリースの新曲「恋なんかNo thank you!」を初披露。最後は「365日の紙飛行機」「ワロタピーポー」と続け、全35曲からなる記念すべき10周年のステージを完遂した。

《KT》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース