三浦瑠麗、コロナに対する医療体制の甘さを指摘「たかをくくっていたのでは」 | RBB TODAY

三浦瑠麗、コロナに対する医療体制の甘さを指摘「たかをくくっていたのでは」

エンタメ その他
三浦瑠麗【写真:竹内みちまろ】
三浦瑠麗【写真:竹内みちまろ】 全 1 枚
/
拡大写真
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 三浦瑠麗が、5日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演。コロナに対する医療体制の拡充について言及した。


 三浦は「第1波、第2波が収まってから、(国は)ほとんど医療体制の拡充を頑張ってきていない」と持論。さらに一度は感染者専門の病棟として開放したものの、再び戻してしまったり、「(療養するための)ホテルを借り上げていたものを元に戻してしまったりしている」と現状を報告し、「たかをくくっていたんじゃないか」と、対応の甘さを指摘。

 そんな中、あさってにも発令されると見られる「緊急事態宣言」。休業した飲食店には協力金が増額されるというが、三浦は「これだけ協力金を払うというなら、全部医療に使ったらどうかと思う」と提言。

 さらに彼女は「海外ではもう少し医療体制が拡充されている」としながら、日本の医療の拡充について「どのような制度設計をすればできるのか」と訴え、「どんなに税金を使っていただいてもいい」と述べていた。

《杉山実》

【注目記事】

この記事の写真

/

関連ニュース